子育てと車!絶対必要なチャイルドシートはどう選ぶの?

子どもが産まれると車を買い替える人も多いのをご存知ですか?

なぜ、車を買い替えるのか。

それは、チャイルドシートをつけることを考えて車を買い替えるのです。

チャイルドシートは、意外と大きいものですから、
今までの車では狭くなってしまうとか、天井が低くて子供が
乗せずらいなどもあるようです。

子育てには欠かせないチャイルドシートはどのように選べばいいのでしょうか?

・チャイルドシートは必要なの?

日本では2000年4月から6歳未満の子供が乗車する際には
チャイルドしーりを着用することが義務づけられました。

抱っこでは万が一のことがあった場合、大きな衝撃がかかって
赤ちゃんを守ることができないからです。

もちろん、産後、退院して自宅に帰る時も車で帰宅する場合には
チャイルドシートが必要です。

ですから、退院前にチャイルドシートは準備しておきましょう。

・チャイルドシートの選び方は?

では、チャイルドシートはどのように選べばいいのでしょうか?

チャイルドシートには、3つのタイプがあります。

それぞれ、発達や医学的特製に合わせて作られています。

ですから、赤ちゃんの体重や発達段階に合わせて選びましょう。

1 新生児から4歳ごろまで

 ベビー&チャイルドシート ベッド

 これは平らに寝かせられるベッド機能がついているもので
 新生児から使うことができます。

 このタイプなら、新生児、幼児期後ろ向き、幼児期前向きと
 3ステップで使うことができます。

2 1歳ごろから長く使える

  チャイルド&ジュニアシート

  こちらは、インパクトシールドで胸とお腹を押さえて守るタイプと
  5点式拘束のタイプがありますが、どちらも高さ調節ができるので
  成長に合わせて長く使うことができます。

3 3歳ごろから長く使える

  ジュニアシート

  こちらは背もたれが有るタイプと座部だけのタイプがあります。

  成長に合わせて使えて、6歳過ぎでも体格によっては
  大人用のシートベルトでは正しく使えないことができるので安心です。

・チャイルドシートを設置する場所は?

それでは、チャイルドシートはどの席に設置すればいいのでしょうか?

チャイルドシートはどの席にも設置することができますが、
一番安全とされているのは後部座席の中央部です。

そして、後部座席の運転席側、後部座席の助手席側の順となります。

助手席はエアバッグ作動時にその衝撃に耐えられないので避けた方がよいそうです。

・まとめ

チャイルドシートは着用が義務付けられている物で、
赤ちゃんを守る為にもとても大切なものです。

退院も際に車を利用する方も少なくないので、
早めに購入しておくか、レンタルするようにしましょう。

チャイルドシートにもさまざまなタイプがありますので、
自分の車にあった大きさや使いやすさなどは、実際に触ってみてみるのが一番です。

これからの赤ちゃんとのカーライフの為にしっかりと選びましょう。

子育てと車!絶対必要なチャイルドシートはどう選ぶの?